家具で雰囲気を|オフィスチェアをこだわる|素材の違いで快適さが異なる
男の人

オフィスチェアをこだわる|素材の違いで快適さが異なる

家具で雰囲気を

レディ

オフィスの雰囲気は、オフィス家具で大きく変えることができます。また、オフィスの働きやすさも、オフィス家具で大きく変えることができます。従業員のやる気が上がらず仕事の効率が悪い、来客のオフィスに対する印象があまり良くないと言う場合は、そこにあるオフィス家具の配置や、オフィス家具そのものが本当にその会社やその空間にマッチしているのかを見直すことをお薦めします。オフィスでの働きやすさをコンサルタントしている人に入ってもらい、人間工学の観点から、作業の性質と机、棚、いすなどが働きやすい物を使っているのかを見てもらうことができます。また、動線計測からも、そのオフィス家具の配置が働く上で邪魔になっていないか、無用な動線を生んでいないかを確認してもらうことができます。

オフィス家具の果たすもう一つの役割、空間の印象作りについても重要性が高い物です。社長室に安物のパイプ椅子が備え付けられているような会社は滅多にありません。それは、社長室という空間と、安物のパイプ椅子と言うオフィス家具がアンマッチな物であるからです。重厚な黒い革のソファに、大きな机、大きな椅子が似合う物として挙げられ、それらはテレビドラマでの重役の椅子を示す小道具としても利用されています。見る人が見れば、来客と利用する会議室にあるオフィス家具でその会社の程度も図れますし、オフィスの雰囲気を一変したい場合は、オフィス家具も大幅に入れ替えて大きくイメージチェンジを図ることが有効となります。実は、オフィス家具こそがそのオフィスの姿をあらわしているのです。